こんなに簡単!自分に合う眼鏡の選び方について

眼鏡で重要なのは幅です

眼鏡屋に行くとさまざまなブランドの眼鏡があってどれを買えばいいのか迷いますよね。かといって、すべての眼鏡を試してみるのは面倒。そんなときはまず、眼鏡の幅を確認してください。基本的に眼鏡の幅が顔の幅と一緒か顔の幅よりも狭めのほうが眼鏡と顔のバランスが崩れません。また、縦の大きさは眉から顎までの長さの3分の一を目安にしてください。ちょっとひと味違う眼鏡が欲しいときは長くしたり短くしたりするのも面白いかと思います。

フェイスラインとフレームを見比べよう

ここまで、絞ることが出来たらあと一歩です。次にフェイスラインと眼鏡フレームを見比べて見ます。トップラインは髪の生え際のラインと同じだとより一体感が増します。フレームの下の部分、ボトムラインと呼ばれるところは口の形と似ているものを選ぶと、眼鏡がぐっとしまって見えます。眼鏡の横のライン、サイドラインと呼ばれる部分は頬のラインと合っているか確認してください。ここが合っているとより顔との一体感が増すと思います。もしも、眼鏡のフレームが太いものを使ってみたい場合は特に顔の形を意識して購入してください。よく似ているものだと違和感なく顔にマッチします。

自分の気になっている部分を補強しよう

眼鏡のいいところは自分の弱点と思っている部分を補強できるところにあります。例えば、面長な顔の人の場合はシャープな眼鏡をかければ顔のバランスが安定しますし、四角顔の人は大きめなメガネフレームを使うことで四角いところを目立ちにくくすることが可能です。

このように、眼鏡がたくさんあったとしても選び方さえきちんと覚えておけば迷う心配はありません。

今は、メガネの通販を利用する人が増えていて、自分の目にきちんと合った度数のメガネが早く手に入る時代になっています。