愛しい家族の一員にペット保険という安心を

ペットは人と深く結びついています

ペットは私たちを癒してくれ、ときとして生きがいにもなってくれる、とても大切な存在です。人の言葉を話さず、その全身で想いを伝える生き物たちは、私たちが普段忘れている、いろいろな感情を呼び覚ましてもくれます。それをひとことで言うなら、無償の愛とでも表現できるでしょうか。利害など関係なく、お互いを大事に想う心で結ばれているのが、人と共に暮らしている生き物たちです。

ペットの健康にも気を使いたいですね

ただ、こんなにも大切な存在であるペットも、病気になることがあります。たとえ丈夫で病気知らずであっても、人と同じように老いてもいきます。何らかのアクシデントでケガをしたりすることも、人が気をつけていても、100パーセント防げるわけではありません。軽い症状で自然治癒できれば良いのですが、動物病院での治療が必要なこともあります。

ペットのための公的な保険は存在しません

大切な存在であるペットを、動物病院へ連れていき診療を受けさせれば、料金が発生します。ただ、人とは違い、ペットを対象とした公的な保険のようなものはありません。つまり、診療費用の全額を、飼い主が負担することになります。このためちょっとした治療であっても、思ったよりも料金が高額だった、などということは、実際によくあるのが現実です。

いざというときのためにペット保険に加入しておく

ペットのための治療費の負担を軽くするために、頼りになるのがペット保険です。ペット保険は、以前は無認可の共済保険だったのですが、その後整備が進み、現在では保険業法などの対象となり、損害保険、あるいは少額短期保険となりました。あなたの家族の一員が犬か猫ならば、選択できる保険も多くなります。日々私たちに、金銭などではかれない恩恵を与えてくれる生き物たち、万一に備えて準備を整えておきたいですね。

ペット保険とは、ペットが獣医にかかり、治療費を負担した時に、その一部または全部を補填してくれるシステムです。保険料は、ペットの状態や保険側が補填する金額で異なります。