結婚指輪をもらったらすぐにはめる?それとも挙式後?

特に決まりはないけれど

婚約期間中にはまる婚約指輪の次は、結婚したことの証になる結婚指輪をはめることになります。結婚してからは婚約指輪ははめなくなる人が多いですが、最近は重ね付け前提でデザインされているものも増えているので、セットではめることも珍しくはなくなってきました。重ね付けをする人も、結婚指輪に切り替える人もどちらの場合でも迷うことになるのが、結婚指輪をはめるタイミングです。特にこの時期からはめないといけないという厳格な決まりはありませんから、本人の自由に任せてもいいのですが、周囲の視線もありますし、やはり気になりますよね。ブライダル関係のアンケートで結婚指輪をはめるタイミングについても調査結果が出ていますが、挙式を済ませてからはめる方が多数派のようです。

夫婦になったタイミングで

結婚指輪を購入しても、挙式を終わらせるまでははめないカップルが多いのは、挙式が一つの気持ちの区切りとなっているからだと思われます。指輪交換を済ませ、永遠の愛を誓い合うことで、それまでの恋人同士の関係から人生を共にする夫婦になったという自覚を強めるのです。どのタイミングで夫婦になったと強く意識をするかはカップルごとに異なりますから、挙式にこだわらなくても指輪をもらった時点ではめ始めても構いません。特に経済的な事情があったり、すでに妊娠している場合など挙式をする時期を遅らせる場合や、挙式を行わずに入籍だけで済ませる場合は入籍日からはめることになりやすいでしょう。

結婚指輪を選ぶ時には、必ず専門のジュエリーショップなどで試着をしながら、デザインや素材などに気を配ることがコツです。