腕時計のムーブメント!?機械式とクォーツ式の違いって何?

機械式時計には手巻きと自動巻きがあります

最近の腕時計のムーブメントはクォーツタイプが多くありますが、腕時計のムーブメントには機械式タイプもあります。

機械式と言うのは、ゼンマイを動力源とする時計の事を意味しており、ゼンマイは戻る力を利用し、腕時計内部の歯車を動かし、時を刻むムーブメントです。

ゼンマイは巻き上げると、元の状態に戻ろうと言った性質があり、一定量巻き上げておく必要があります。

但し、機械式時計には手動巻タイプと自動巻きタイプがあり、自動巻きタイプの場合は、腕時計を所有している人がゼンマイを巻いてあげる必要がありますが、自動巻きの場合は腕にはめていると、腕時計内部の部品が動作してゼンマイを自動的に巻いてくれる便利な機能が付いています。

因みに、腕時計は使わずに放置しておくと電池切れが生じてしまうと言いますよね。

これはクォーツタイプの場合であり、機械式時計の場合はゼンマイが元の状態に戻ってしまうので同じように止まってしまいます。

自動巻きタイプの場合は、腕にはめている事でゼンマイを巻いてくれるので、しまい込んだままにしていると止まってしまいますし、手動巻タイプも、定期的にゼンマイを巻いてあげる事が大切です。

クォーツタイプの腕時計は電池が必要

ムーブメントがクォーツタイプの腕時計の場合、水晶振動子を駆動するための電子回路が必要であり、電源を供給する事で電子回路が働いて時間を刻んでくれると言った特徴を持っています。

機械式時計のようにゼンマイを巻くと言った作業が要らないので、手間いらずの腕時計と言えましょう。

しかし、電池が切れてしまうと電子回路を動かす事が出来なくなるので、電池切れの時には電池交換が必要です。

ヨシダの公式サイトはこちら