機械式時計の手入れは毎日使うことが大切ってホント!?

中のオイルが固着しないように気を付けましょう

世代を超えて受け継がれることもある機械式時計は、高級品が多いので初めて使う人にとって敷居が高いと感じてしまうでしょう。確かに全く初めて機械式時計を持つのであれば、20万円前後のエントリータイプを使い慣れてから、高級品を手に入れると安心出来ます。電池を使わずに動き続けるわけですから、内部のゼンマイが切れるだけですぐに動かなくなります。自動巻きであれば、毎日ある程度の日常生活で使う腕の動きによりゼンマイが巻かれるので、巻き不足がどのくらい出るのか把握しておく必要があるでしょう。止まってしまう失敗を繰り返しながら、機械式時計に慣れて行くことも大切です。なぜオーバーホール作業が必要となるのか、中のオイルのことまで考えられる余裕が出てきたら高級品に手を出しても大丈夫です。

時計職人にも技量の差があります

機械式時計の内部部品点数は、高級品になるほど中の機構が複雑化されているので、増える傾向にあります。オーバーホール作業を3年から4年ごとに依頼して、オイル劣化に伴う金属摩耗を修理点検することが大切ですが、優秀な時計職人を確保することが困難です。高級品の機械式時計を持ち続けるためには、信頼できる時計職人探しから始めることが重要です。普段のメンテナンスは、毎日身に付けて汚れたら柔らかい布で拭く程度で十分でしょう。外装は自分で綺麗にし、普段しっかりと身に付けることで自動巻き機構を絶えず動かし続けることが十余です。高級品の機械式時計になるほど、取り扱える時計職人の数が少なくなることを知っておくことが大切です。

ウブロは超高級時計ブランドです。普通のサラリーマンで帰るようなブランドではなく、芸能人や経営者に使ってる人が多い、本当に高級時計です。